歯周病は虫歯と違い自覚症状があまりなく、気付いた時はかなり進行していることが多い病気です。40歳以上で歯を失う主な原因となっており、心臓病・脳卒中・糖尿病・誤嚥性肺炎などの体の病気に関連している見過ごせない病気なのです。

近年、虫歯は減少してきていますが、若年者の歯肉炎や成人の歯周病はまだまだ多く、40歳以降に歯を失う主な原因となっています。また、現在は、再生療法として特殊な膜やジェルを使用した治療法がありますが、再生医療の研究がこの分野ではかなり進んできており今後期待がもてます。

当院では特殊な膜やジェルを使用した再生療法を行っていますが、その治療成績は良好です。現在、歯周病原因菌で問題を特に起こしやすい細菌の検査も実施して治療に応用しています。

認定証

また 現在、院長は東京医科歯科大学歯周病学講座に研修登録医として在籍し、日本歯周病学会認定医を取得し、しっかりとした歯周病治療をおこなっています。

歯周病の話

P.gingivalis線毛関連遺伝子 fimA遺伝子型判定

~PCR-Invader法により5種類のfimA遺伝子型を判定~

P.gingivalis線毛関連遺伝子 fimA遺伝子型判定

エムドゲイン

それぞれの画像をクリックしていただくと拡大表示されます。